●薩摩琵琶 髙橋育世(髙橋紫風)



薩摩琵琶 髙橋育世(髙橋 紫風)

新潟県長岡市出身。  
長岡高校 新潟大学教育学部特別教科(音楽)教員養成課程バイオリン専攻卒。

幼少時、 TV時代劇の BGMに使われていた「音」に強く惹かれる。
後にそれが琵琶という楽器の音であることを知る。
しかし、当時、和楽器店に問い合わせなどするも、教室や、演奏者など、
琵琶についての情報に行き着くことができなかった。

大学生になった頃、新聞に掲載された佐渡在住の琵琶奏者の方に連絡をとり、
その紹介により、新潟市在住の故 五十嵐雅水師に入門、琵琶の稽古を始める。

大学生時代は、教育実習校の音楽の授業などで琵琶を演奏した。
大学卒業後は、長岡市を中心に演奏活動を行うが、バイオリン教室に専念するため琵琶の活動は休止。

2022年、大島祐輝氏のアニメーション作品「大里峠大蛇伝説(おおりとうげだいじゃでんせつ)」の
作中の琵琶の音の依頼を受けたことをきっかけに、琵琶の演奏を再開。


長い休止の後なので、当面はかつて習ったことを慎重にさらい直しつつ、
今後は、特に若い方や子どもさんたちに向けて、琵琶の良さを知っていただけるような活動を、
自分にできる範囲で行っていきたいと思っています。



20代当時、演奏会の紹介記事が掲載された新聞の写真。


使用楽器について

四弦四柱の薩摩琵琶を使用しています。
この楽器は、私が琵琶を始めた当時、引退するのでご自身の使用していた楽器を手放そうとされていた
高齢の奏者の方から、譲り受けたものです。
若い人に譲りたいというご希望だったそうで、当時教室で最年少だった私が受け継ぐこととなりました。
正確なことはわかりませんが、この楽器は直接譲ってくださった方の世代よりも古いもので、
元々は柏崎のお坊さんの持ち物だった、と師匠から聞いています。
それを裏付けるかのように、琵琶の裏面には「弾声払妖魔」
(弾声妖魔を払う、琵琶を弾く音、歌う声が魔物を追い払うという意味でしょう) と、不思議な言葉が刻まれています。
若い頃には少し恐いようにも思った「魔を払う」琵琶、
払わなくてはならないものがたくさんある今こそ、
また鳴らしてみようと思います。




大里峠大蛇伝説



→ホームに戻る